RMTサイトマップFF14 RMTff14 RMTのしかし,これは「新生」のスタート地点だ
http://www.rmtsite.com
/mobile/


RMTSITEは携帯電話にも対応。外出先からでもご注文頂けます。

ff14 RMTのしかし,これは「新生」のスタート地点だ

作者:RMTSITE発表時間:2012年12月27日番号:T/t
ff14 RMTの通貨ギルを購入するならこの機会に【rmtsite】を是非ご利用ください。筆者は,旧FFXIVのサービス開始から2か月後にゲームから離れ,それから1年後に復帰している。離れた理由は言わずもがな,期待と失望の大きな落差 があったからだ。そして,いま新生FFXIVに向けて,同じように期待し,不安を持っていたというのが正直なところ。それは筆者だけではないだろう。
αテストは,そうした不安を抱いてのプレイとなったのだが,実際のところ,今回のテストで遊べる範囲だけで,不安の大部分が払拭されたように思う。
αテストの内容は,遊ぶ側の立場になって制作されていることがよく分かるもので,αテスト専用フォーラムにしても,プレイヤーのフィードバックに対して,開発スタッフからのレスポンスが頻繁に行われており,良好な関係を築かんと努力を欠かさない姿勢も垣間見られるのだ。
もちろん各種コンテンツがまだ公開されておらず,一部仕様はβテストから実装ということもあり,全体的なボリュームは未知数だ。しかし,αテストの範囲をプレイした限りでは,今度こそ期待に応えてくれるのではないかと感じさせられる。
ファイナルファンタジー14 | FF14 | FINAL FANTASY XIV
ただし,プレイヤー視点に立ち返ってみれば,旧FFXIVでできて然るべきだと思ったことが,ようやく当たり前にできるようになった,と見ることもでき る。FFXIVは本来あるべきだった姿に“新生”し,世界で戦うMMORPGとしてようやくスタートラインに立てたという段階なのだろう。
今後,既存のMMORPGはもちろん,これから登場する欧米や韓国のハイクオリティな作品と張り合っていくためには,世界観や各種コンテンツなどで,いかにFFらしさを演出できるかがカギとなるだろう。やはり本作における最大の武器は,「FINAL FANTASY」であることなのだ。
ともあれ,αテストは12月末で終了となる。次の展開であるクローズドβテストの開始が待たれるところだ。CBTの開始に際して,テスターの募集が行わ れる予定なので,旧FFXIVで挫折したままの人も,新規での参加を考えている人も,本稿を見て気になった人はぜひ応募してほしい。今後のテストの詳細に ついては,分かり次第続報をお届けする予定だ。
ファイナルファンタジー14 | FF14 | FINAL FANTASY XIV ファイナルファンタジー14 | FF14 | FINAL FANTASY XIV