RMTサイトマップPSO2 RMT(予約制)pso2 rmtガンホーにグラスホッパーが合流
http://www.rmtsite.com
/mobile/


RMTSITEは携帯電話にも対応。外出先からでもご注文頂けます。

pso2 rmtガンホーにグラスホッパーが合流

作者:RMTSITE発表時間:2013年01月30日番号:T/t
pso2 rmtプレイ中、通貨「ギル 」不足にお悩みではございませんか?pso2 rmtの通貨「ギル 」を購入ことなら【rmtsite】へ。ガンホー・オンライン・エンターテイメントとグラスホッパー・マニファクチュアと いう二つの会社を知らない人はおそらくいないだろう。片や,オンラインゲームからスマホゲーム,コンシューマゲームと多方面にわたる活躍を見せるゲーム会 社で,片や独特の世界観がコアなファンを多く生み出し,海外においてもその評価が非常に高い,日本では珍しい独立系のゲームデベロッパだ。
パズル&ドラゴンズ パズル&ドラゴンズ
パズル&ドラゴンズ パズル&ドラゴンズ
ふとしたことから4Gamerが,そんな2社を引き合わせる出会いの場を設けることになったのは2012年夏のこと。その後も両氏(ガンホー森下氏とグラスホッパー須田氏)の親交は続いたようで,「一緒にモノ作りをやることになった」と,つい先日連絡をもらった。
「仲人役ともいえる4Gamerを読んでいる読者の皆さんに,合流した経緯や今後のことなどをまずお伝えしたい」というありがたいオファーをいただいたので,今回のインタビューとなった。以下が,そのときのインタビュー(というより座談会)のほぼ全文だ。
このインタビュー時では,おそらくはまだ細かいことが決め切れていないタイミングだろうし,そこを慮って,根掘り葉掘り細かいことを聞くようなことはしていない。
単なるデベロッパではなく,独立系であるがゆえに多方面から仕事を請け負い,かつJV(ジョイントベンチャー)もいくつか持っているグラスホッパーの周辺がキレイに整理されるのには,相応の時間がかかると思われる。
そこを踏まえたインタビューなので,座談会のようになってしまっているが,双方のゲームに対する考え方が垣間見える興味深い談話になったと思う。ゲーム業界における久々のビッグニュースでもあるので,ぜひご一読いただきたい。